道の駅ふたつい
観光案内
きみまち阪
大宮のうちにありてもあつき日を
いかなる山か 君はこゆらむ

 明治14年、東北巡幸の途中、この地で皇后の便りを受けた明治天皇は、一帯の風景の美しさと合わせて感動され、後に名称が定まっていなかったこの地に「傒后阪(きみまちざか)」という名称をつけられました。
 その際に届けられた便りには“大宮のうちにありてもあつき日をいかなる山か君はこゆらむ”という和歌がしたためられており、まさに、長旅を気遣う皇后から天皇への恋文でした。
 また、書家の赤星藍城は、きみまち阪に立ち、“まさに天下の景観は皆この地に集めたように見事である”と書に記しました。

七座山
静寂と神秘の山 七座山

 七座山は、権現倉、烏帽子倉、蓑倉、三本杉倉、柴倉、大倉、松倉の、七つの峰が連なる連山です。米代川を挟んだ対岸のきみまち阪からは、七座山の美しい姿を望むことができます。
 藩政時代には、藩が管理する山とし保護されてきたことから、山中には樹齢300年あまりの天然秋田杉が林立しています。
 また、遊歩道が整備されており、どなたでも気軽に、軽登山や散策を楽しむことができます。

米代川
 能代市の中央部を東西に流れる米代川。
 1964年までは、秋田杉の丸太で組んだ大筏が、七座山のふもと、天神貯木場から能代にむけて、米代川を下る光景が見られました。
 現在は、二ツ井町観光協会 天神工房が、6月から10月までの期間、カヌー体験を行っているほか、カヌーの製作、販売を行っています。川面を渡る風、雄大な自然を感じながら、川くだりを楽しむことができます。

七座神社

天神工房

桜づつみ公園

銀杏山神社

ゆっちゃん

恋文商店街

風の松原

旧料亭金勇

その他の観光情報
能代市観光情報
  • 能代市
  • NPO法人能代観光協会
  • NPO法人二ツ井町観光協会
秋田県あきた白神地域観光情報
  • 秋田県あきた白神地域観光情報
秋田県内の観光情報
  • 秋田県観光総合ガイド あきたファン・ドッと・コム